■人生が愉しくなる方法

本屋をブラブラしていると、ある本が目にとまりました。本のタイトルは「50代から本気で遊べば人生は愉しくなる」そして著者をみると片岡鶴太郎となっていました。

お笑い芸人だった彼が、突然、プロボクサーのテストを受け合格し、その後役者として活躍し、さらに水墨画を中心とした画を始め、活躍しています。彼に何があったのだろうかというのは、しばしば気になっていました。

彼の本を読んでみると、「こうしたい」と心から思う自分の魂を喚起させる「シード」を心を研ぎ澄まして認識し、認識したのなら徹底してその道の一流の方のまねをして、それを反復練習するそうです。

妙に感心し、「そうか、まねをすればいいのか」と納得した気がしましたが、それが、一番難しいことに気が付きました。残念ながら、50代から本気で遊んで人生が愉しくなる道は遠そうです。

三浦
スポンサーサイト

検索フォーム

QRコード

QR