■かわらないもの

日曜日の夕刻。
いつも憂鬱になるのは子供時代・学生時代、そして今も変わりません。
子供のころはサザエさんを見終わると明日から学校だと憂鬱になったのを記憶しています。
そんな日曜日の夕刻。いつの頃からか、それまでは気にしていなかった日本テレビで放映されている笑点が、ある時期から面白くてたまらなくなりました。

お題:良く確かめれば良かったと思うこと
→同窓会に行って知らないやつばかりだと思ったら、隣の会場に行っていた。
お題:バレンタインにちなんで、プレゼントをして下さい
→いろいろな好きなものを召し上がって下さい。割りばしをプレゼントします。

文字にするとなかなか伝わらないのですが、本当に癒されて和みます。出演メンバーの個性・人柄がにじみ出ていて響くものがあります。でも、今の昔も変わらないスタイルでこれだけのものを創りあげるのには相当の葛藤と厳しさがあるのだろうと感じます。
私も頑張ろう・・。

三浦
スポンサーサイト

検索フォーム

QRコード

QR