■指導者

今回のオリンピックは日本の健闘がたたえられました。その中の柔道とシンクロナイズドスイミングは日本が強さを復活させました。それぞれ柔道の井上監督、シンクロナイズドスイミングの井村コーチの功績よるものでした。
両者は指導方法は対照的で、井上監督は選手の自主性を、かたや井村コーチは厳格な統制を重んじていると言えます。どちらが重要かということは言えずに、状況によりマッチする指導方法が異なると思われますが、指導者としては悩ましい問題であると思います。
さて、我が家の息子ですが、現在、受験勉強中であり、指導者としては、息子の自主性を重んじて、計画的に勉強を進めるようにとだけ伝え、そのほかは口を出さないことにしました。しかし、家で会えばいつもスマホを凝視し、夏休みなということで朝は遅くまで寝ているし、予備校の授業も好きなだけとらせましたが、ちゃんと通っているのかどうか。この辺で、井村コ-チばりに統制をかけようと思うのですが通用するのか、または逆効果になってしまうのではないかと。悩ましいです。
三浦

スポンサーサイト

検索フォーム

QRコード

QR